悩み事の解決方法やメリットを理解しておこう

献血豊胸の特徴

施術台

自分の血液でバストアップ

豊胸手術は全国的に人気の美容整形で、銀座の美容外科クリニックにも施術を希望する患者さんが多く訪れています。バストアップ効果のある豊胸手術には様々な施術法がありますが、最新の豊胸手術を行っている美容外科クリニックが銀座には多い傾向にあるようです。献血豊胸もその1つで美容外科クリニックによっては、PP+PRP注入やプラズマジェル豊胸などの名前で施術を行っています。献血という文字が使われているように、この豊胸手術は自分の血液を使いバストアップするのが特徴です。まずは血液を採取してその中に含まれる少血小板血漿と多血小板血漿を、特殊な方法で鶏だしジェル化させていきます。自分の血液から作ったジェルをバストに注入してサイズアップするのが、豊胸献血のメカニズムとなっています。血液をジェル化させると聞くと、バストに注入できるまでに期間がかかるのではと感じるかもしれませんが、採血からジェルに加工するまでの時間は、わずか40分程度です。採血できる血液の量によってどのくらいバストアップできるかが変わってくるのですが、約1カップから2カップ程度のサイズアップが一般的です。身体的な負担は血液を採取する時と麻酔時とジェルを注入する時の注射だけという、ダメージが少ない豊胸手術ということから献血豊胸は注目を集めています。

「献血豊胸」は施術を受ける患者さんのメリットが大きいことから、近年注目を集めている最新の豊胸手術です。自分の血液から作ったジェルをバストに注入することで、1カップから2カップのサイズアップが期待できます。献血豊胸を選んだ方の多くは「身体への負担が少なく、安心して施術を受けられる」という点に魅力を感じているようです。豊胸手術といえばシリコンバッグ挿入法やヒアルロン酸注入などが一般的で、これらの施術は銀座の美容外科クリニックでも一般的に行われています。安全性は認められている豊胸手術ではあるものの、やはり自分の身体に異物を入れるということに、抵抗を感じる人も少なくありません。献血豊胸の場合、自分の血液で作ったジェルを使うので注入しても、アレルギー反応が起こることもなく安心です。また、ジェルを注入する位置や量を変えることによって、自分の希望に沿うバストメイクが出来るという点も、献血豊胸のメリットです。痩せたデコルテ部分にボリュームを出したり、谷間を作る、左右でサイズが違うバストを整えたりするといった利用方法が行えます。最新の豊胸手術ということもあり施術を行っている所はまだまだ少ないのですが、銀座エリアは新しい美容整形を取り入れている美容外科クリニックが多いので献血豊胸も受けられます。

Copyright© 2019 悩み事の解決方法やメリットを理解しておこう All Rights Reserved.